日本人の結婚

日本人の結婚は最近変わってきています。平均結婚年齢は毎年上がっていますし、にほんでは 結婚しない人も増えています。結婚しない人を非婚化といいますし、平均結婚年齢が上がっていることを晩婚化とよんでいます。

 

結婚しない人や結婚が遅い人が増えた原因としては、女性が高学歴になってきて社会進出していることが原因だといっていますし、他にも、男性の収入が不安定なために、将来の見通しが見えないために、なかなかわかくして結婚をするということがなくなったようです。また、女性が専業主婦を志願するようになったのも、一つの原因のようで、女性が働かなくなると男性の収入が不安定なためにこれでは結婚できないという状況にあります。

 

 

 

また逆に、女性が社会進出を活発にしているために、なかなか結婚平均適齢期になっても仕事を続けているので結婚が晩婚化しているということもあります。また結婚して子供を生むことに強い不安を感じている女性も多く、それが、日本の晩婚化や結婚をしない女性が増えてきた原因ではないかと言われています。確かに今の日本は結婚をしない人が増えてきましたし、結婚を考えるのが30代に入ってからという人も増えてきました。これが日本人の結婚事情を大きく変化させていますね。

結婚と夫婦別姓

結婚と夫婦別姓について紹介したいと思います。夫婦別姓というのは、結婚してからも、結婚前の名字をそのまま名乗っていることを言います。

 

夫婦の姓というのは結婚してからどちらかの姓に統一しなければならないと決まっていて、大体の場合結婚してから夫の姓を名乗る女性が多いのですが、女性の社会進出によって、女性が途中で結婚したことによって名字が変わると仕事がしにくくなるということもあって、夫婦別姓を希望する人が増えているようです。

 

 

 

結婚後の夫婦別姓に関してですが日本ではまだ正式には認められていません。ですが、夫婦別姓をしている人も多いのが現状です。入籍して戸籍上でも姓は夫のものを使用していますが、仕事上女性が結婚前の旧姓を使っているのが多いようです。

 

他にも、事実婚として籍を入れずに結婚生活を送っている人も中にはいると思います。女性の社会進出によって結婚後の名前でこのように不便なことが増えているのが現状ですが、今のところにほんではまだ夫婦別姓を認めるという法律は出来ていないのが現状ではないでしょうか。女性にとってはとても仕事上不便かもしれませんが入籍して夫の名前だけど職場では旧姓を使い続けている人も多いのが現状です。

結婚制度

日本の結婚制度について紹介したいと思います。結婚制度はそもそも国によって制度の中身が違っています。

 

まず日本では婚姻が成立して、婚姻届を退出して実質的な結婚という形になっています。日本では結婚してもいい年齢は男性は18歳以上で女性は16歳以上と決められています。しかし、未成年が結婚をする場合には、必ず、片親の承諾が必要とされています。親が一回承諾した場合は、結婚する人が未成年だったとしても、その人が再婚するときには、承諾が要らないそうです。未成年の結婚だからといって約束してそれが無効になると言うことはなくて、例えば、高校を卒業してから結婚しようと約束していたとしたら、それは婚約しているということになるそうです。

 

 

 

結婚に関して他にも決まりがあって、日本では重婚は禁止されていますし、再婚する際女性は再婚禁止期間が設けられています。また近親者の間での結婚も禁止されていますし、直系の姻族間の結婚も禁止されています。また養子の親子同士の結婚も禁止されています。世界のほかの国では重婚や1夫多妻制などもありますが、日本の結婚の場合は一夫一婦制です。

 

世界にはたくさんの国がありますが、結婚の制度に関する内容はそれぞれ違っていることが多いようです。